鍵が壊れた時の対処法|簡単にできる方法を鍵屋が解説

【玄関の鍵が壊れてしまった方|手軽にできる対処法・メンテナンス方法】

今回は鍵が壊れた時の対策について紹介させて頂きます。当店のような鍵屋に依頼すれば簡単ですがどうしても費用が発生します😅

軽い症状や一時期に動かすような方法であれば、お客様でも簡単にできますので一度試してみてください💡
それでもダメな際はお近くの鍵屋さんにお電話を☎️

鍵にも寿命がある

よく『鍵』や『錠前』は一生ものだと思われている方がいらっしゃいますがそうではありません。
メーカー・鍵の種類・型式・立地条件(海が近い等)によって様々ですが、基本的には約10年~15年前後で不具合が生じてきます。工業製品なので必ず寿命がきます。

その原因は、
・単純な鍵の劣化(錆び等)
・塵や埃などの汚れの蓄積
・鍵穴に虫が入り込んで巣をつくる
・ドアの歪みによる鍵と受けの位置ずれ
など様々です。

ちなみにほとんどの鍵で言えることですが、古い鍵ほど寿命が長く新しい鍵ほど寿命は短いです。

 

新しい鍵ほど耐久年数が低い!?

これは日本の防犯意識が大きく関係してきます。
当時、鍵メーカーはとにかく長く使用できる頑丈な鍵を目指し生産してきました。(特に古い蔵や金庫などで使われている棒鍵などは100年以上経った現在でも普通に使用できたりします) 古い鍵は作りが単純なため汚れや錆びなどの影響を大きく受けないのです。

しかし、単純な作りが故に防犯性能は決して高くありません。特殊な道具を用いて鍵を解錠する『ピッキング』という手法で短時間で開けることができてしまうのです。これに目をつけて侵入する空き巣や泥棒も急増しました。
1998年頃には『ピッキングブーム』と呼ばれる窃盗団が出て来てニュースにもなりました。

この頃を境に、鍵メーカーの目指すところが長持ちから防犯性能に切り替わり始めます。近年では、『ディンプルキー』や『内溝キー』といった非常にセキュリティの高い鍵も当たり前のように見かけるようになりました。ピッキングでは開かない鍵が日本中に普及しました。
しかし、セキュリティの高い鍵ほど内部が非常に精密になっており、その精密さが故に今度は耐久年数が落ちてしまったのです。

難しいところではございますが、鍵を設置する以上、簡単に誰でも開けれては意味を成さないですからね。耐久年数が落ちてしまうのは致し方無いところかと、、、

 

鍵の修理方法/メンテナンス方法

パーツクリーナーが最適

鍵屋KOロックが推進する鍵の修理に圧倒的に適している部材は、『パーツクリーナー(速乾性)』です。
聞き覚えの無い方も多いかと思いますが、簡単に言えば油落としのスプレー缶です。ホームセンター等に行けば大体販売されております💡(お店によりますが¥400円ほど)

ちょっと鍵の調子が悪い位なら簡単に改善されますし、全く動かなかった鍵でもすんなり回りだしたりすることもあります。当鍵屋でも2,3本は常備してます。(販売はしておりません💦)

油系・シリコンスプレーは逆効果

よく、ネット等の誤った情報で油系のスプレー(クレ556等)を射すと良くなる。といったのを見かけますが、かなり古い鍵には効果があっても最近の鍵には逆効果です。

むしろ、ちょっと調子が悪いかも。
という状態の鍵穴に油系のスプレーを射すと、近い内に症状が悪化するか完全に回らなくなります。

特にディンプルキーあたりに油系のスプレーは絶対NG❌
悪くなることはあっても良くなることはありませんので注意して下さい。
もし既に油系のスプレーを射してしまった方は、すぐにでもパーツクリーナーを購入して噴射してください。

パーツクリーナーは油落としのスプレーなので、汚れと油を一気に除去して改善される可能性があります。
ただし!内部にまで油汚れが浸透してしまってる場合は近い内にまた鍵の調子が悪くなりますので、その度にパーツクリーナーを吹き掛けて根気よく綺麗にしていく必要があります。

それでも直らない際は鍵屋へ

パーツクリーナーを吹き掛けても動きが改善されない場合は、
・既に内部で汚れが固着
・単純に寿命で鉄が磨り減って劣化
・鍵ではなく錠前ケースの故障不具合
・ドアの歪みによる受け側との干渉
の可能性が高いです。

この場合はお近くの鍵屋さんを呼んだ方が無難です。
鍵穴を脱着し、分解して洗浄するのは一般の方ではリスクが高すぎます。(よくあるのがシリンダーを取り外している際にドアを閉めてしまい、錠前を壊さないとドアが開かなくなってしまう症状など)

鍵のお薬・キースムーサーでは効果ない?

またホームセンター等に行くと『鍵のお薬』・『キースムーサー』と言った名称の専用スプレーも販売されておりますが、これらは鍵の抜き差しをスムーズにさせる為のものであって引っ掛かりを改善させる効果はありません。

逆に鍵が差さらない!鍵の抜き差しがしづらい!って時にはすごい効果あります💡

当店はキースムーサーを使用しております。

 

パーツクリーナーの噴射方法

特にこれといった方法がある訳でもないのですが、パーツクリーナーに付属してくるノズルを付けて、鍵穴に5~6秒ほど噴射してみて下さい。
噴射後は実際に鍵を差し込んで左右に回して下さい。

これで改善されてれば良いのですが、まだ引っ掛かりがあるって時は同様にパーツクリーナーを噴射→鍵で確認を繰り返します。

汚れが原因であればその内くるくる周り出します。
噴射方法はこれだけです。

ただ一点、パーツクリーナーをしばらく噴射して液体がドアに垂れてきた際はすぐに拭き取って下さい!すぐに拭き取れば影響はありませんが、液体が垂れた状態を放置するとドアの色が変色してしまいます。

油落としの効果が強く、ドアの表面に塗られている塗料やペンキまでも落としてしまうので💦

心配な方は、最初からティッシュやタオル等で鍵穴周りを押さえながらパーツクリーナーを吹き掛けるのが良いかと。

結果

以上が鍵屋KOロックの推奨する鍵の修理方法(洗浄方法)です。簡単にできますし費用も約¥400円と低価格!
また、この洗浄をするかどうかで鍵の寿命年数も変わってきます。

鍵屋が言うのもなんですが、
前述したように鍵屋に依頼すると作業費が発生します。

完全に壊れて交換するとなると部品代も発生します。

まずは費用を抑えるべくお客様にてメンテナンスを施して長く愛鍵を使ってあげて下さいm(__)m

それでも駄目なら是非!鍵屋KOロックにお電話くださいませ☆

img

鍵の修理なら鍵屋KOロックにお任せ♪