鍵が抜けない時の対処法|無料でできる方法とは

【鍵が抜けない時の対処法|鍵屋が教える簡単な方法とは??】

こんにちはKOロックです!

今回は鍵(キー)が鍵穴から抜けなくなった際に、自分で無料でできる簡単な方法をご紹介します💡

もちろん当店のような鍵屋に依頼するのが1番確実ではありますがお金が発生しますからね。

とにかく急ぎで到着まで待てない!!といった際は是非以下の方法を試してみてください。

ご自身で試しても鍵がぬけない場合は、鍵屋への依頼をオススメ致します。

 

『鍵を抜く方法』

1,鍵の向きは合ってますか?

当たり前のことですが、鍵は決まった向きでしか抜き差しできません。縦向き・横向きなど、メーカーや型番で向きは決まってます。
その向きが間違っていては、どんなに引っ張っても鍵は抜けません。(例:縦向きでしか抜けない型番なのに、横向きの状態で引っ張る)

そんなの間違える訳ない!!
と思う方もいらっしゃるとは思いますが、当鍵屋では実際に数ヵ月に1度上記の内容で現場出張します。

焦っていると、普段当たり前のようにやっていることも分からなくなりがちです。落ち着いて、鍵の向きを今一度確認してみてください。

 

2,鍵は回りますか?

今、抜けなくなっている鍵は、左右に回りますか?
問題なく回る方は下記の『3』へ。

左右に回らず抜くこともできずに固まってしまっている場合は、とにかく抜き差しできる向きまで回すことが重要です。
スペアキーを削ったばかりのバリが原因だったり、鍵穴に汚れが溜まってきた状態で鍵を回すと、回った状態で固まってびくともしなくなることがあります。

この場合、鍵が回った状態ではどんなに引っ張ってもぬけないため、鍵が折れないように注意しながら抜ける壱まで回していく必要があります。

鍵を抜き差しできる向きまで回すことができれば、後は普段通り引っ張れば抜けると思います。

 

3,鍵は回るが抜けない

この症状が一番難しいです。当店のような鍵屋であれば一度鍵穴をバラバラの状態にして鍵を取り除くことが可能ですが、一般の方がやるにはリスクが大きすぎます。

が、何とかご自身で!という場合にはお近くにホームセンターがあるようなら『キースムーサー(パウダー系)』という商品を購入してください。

キースムーサー(パウダー系)は効果抜群

キースムーサーとは、鍵の抜き差しをスムーズにさせるための粉スプレーです。粒子がものすごく細かく、その細かい粒子が鍵の動きを滑らかにしてくれます。

注:シリコン系・油系スプレーなどは鍵を劣化させるだけで、万が一鍵が抜けたとしても近いうちに壊れる可能性が高まりますので止めてください。

キースムーサーは本来なら、鍵が抜けなくなる前にスプレーして動きをスムーズにするものなのですが、鍵穴に鍵が差さってる状態の場合は隙間からスプレーして下さい。
上下左右と隙間が少しでもある場合は、スプレーして下さい。

スプレーをしたら鍵(キー)を上下左右に少しカタカタさせるように動かし、手前に引っ張ってみて下さい。

これで抜ければ良いのですが、、、

キースムーサーを試しても抜けない場合、これ以上の作業は一般の方では厳しいと思われますので、お近くの鍵屋さんに電話することをオススメ致します。

尚、鍵穴内部の部品が損傷していた場合は抜けたとしても今後使えなくなる可能性もあり、その場合は新品に交換する必要があります。

完全に抜けなくなる前に、少しでも動きが悪いと思ったらメンテナンスを施すことをオススメします。

 

『鍵のメンテナンス方法』

鍵のメンテナンス方法は、パーツクリーナーで鍵穴を5秒ほど洗浄→キースムーサーを鍵穴に1秒ほど射す→鍵の抜き差しを10回ほど繰り返す→完了。

が、一番安全で確実だと思います。
当鍵屋でも実際に行う洗浄方法です。

また、鍵の抜き差しだけを良くしたい!お金を全く掛けたかない場合は、鉛筆の芯を鍵(キー)のギザギザしている部分に擦り付けるイメージで塗ってみて下さい。
ディンプルキーなら凸凹してるところです。

鍵(キー)に擦り付けたら、鍵穴で抜き差しを10回ほど繰り返してください。

鉛筆の芯も粒子が細かく動きを滑らかにする役割がありますので、今までよりもスムーズになるかと思います。

以上が簡単にできるメンテナンス方法です。

 

関連記事も合わせてご確認ください。

鍵が壊れたかも!自分でできる修理方法

鍵屋を呼んでぼったくり被害にあわないために

鍵屋によって技術力に差がある?その技術力によって変わる金額とは

鍵屋・鍵師とは?|意外と知られていない業種